病院で治療できる更年期障害|症状緩和でハッピースマイル

医者

予防としての検診

看護士

組み合わせが大切

乳がんは、ステージが進むことで生存率が下がることもあり、早期発見で乳房を温存できる治療や完治に結び付けられる可能性が高くなり、乳がん検診は生活の質までも向上できる手段の1つとしても展開されています。全国の乳がん検診機関において、実施されている検査について注意したい内容としては、視触診や乳房X線、超音波など、1つ1つの検査を患者の希望で提供するケースが問題視されています。視触診では医師の見極めが重要となり、乳房X線や超音波にも多少なりのデメリットは存在しています。それぞれの不得意とする内容を補うにも、組み合わせて検査を受けることが重要で、特に乳腺の密度が高い女性に対して2段構えの検査の有効性が話題を集めています。

検診の大まかな流れ

無症状の間に、乳がん検診を受診した女性の場合、早期に発見される可能性は非常に高くなり、適切な治療によって良好な経過や結果を期待することができます。乳がん検診の申し込み窓口には、住民健診の場合には各自治体が対応してくれており、受付・問診・乳房X線撮影・視触診などの検査が一次では行われるのが特徴です。この検査によって、異常ありと判定された際、精密検査が行える医療機関へ赴き、二次検査を受診します。希望の医療機関を選択することが可能で、受診日程などのスケジュール調整も行ってくれます。乳がん検診では、40歳代は乳腺密度が高い女性が多いため、X線撮影では2方向からの撮影となり、逆に50歳代では1方向からの撮影を提案しているケースも挙げられ、しこりや石灰化のあるがんを発見できます。