病院で治療できる更年期障害|症状緩和でハッピースマイル

医者

ガン細胞を直接たたく治療

女性

NK細胞の持っている特性

ガン治療の世界で注目されいるのがNK細胞療法です。NK細胞というのはナチュラルキラー細胞のことで、腫瘍細胞やウィルス感染細胞などを退治する働きがあります。そのためガンを治療する方法として免疫治療の一環として取り入れられているのです。従来のガン治療は外科手術、抗ガン剤投与治療、放射線治療がメインでしたが、最近は副作用のない免疫療法が行われるようになり、その中でも悪性腫瘍を攻撃するNK細胞が注目されています。NK細胞というのは子供の頃には体内にたくさんありますが、加齢によって減少していき、ガンにかかる確率が高くなるのです。NK細胞療法というのは患者の身体から血液を採取し、そこからNK細胞を増殖させて体内に戻すという治療法です。

副作用のない免疫療法

NK細胞療法がガン患者に人気があるのは副作用がない点です。外科手術でガン細胞に冒された臓器を摘出したあと、再発と転移を防ぐために抗ガン剤投与治療や放射線治療が行われますが、副作用が激しくて体力を弱めてしまう患者が多いのです。その点、免疫療法は人間が持っている免疫力を高める治療法なので副作用がないのです。その一環として行われるNK細胞療法にも副作用がないので、人気があります。ただし今のところNK細胞による免疫療法は保険適用外なので、治療費がかかります。NK細胞療法のメリットは、何といっても免疫力を高めながらNK細胞が直接ガン細胞を攻撃するという点です。特に進行ガンや末期ガンなどは副作用のある抗ガン剤などよりも、延命効果があります。