病院で治療できる更年期障害|症状緩和でハッピースマイル

医者

がんに対する免疫療法

インテリア

免疫細胞の働きを高める

がんとは、私たちの体内にある正常な細胞が突然変異を起こし、暴走して周辺の細胞や組織を攻撃する病気です。がんというと不治の病というイメージですが、早いうちに発見して治療を行えば治るものなのです。癌の治療は外科手術、抗がん剤などの薬物療法や放射線療法が行われます。しかし抗がん剤の投与は吐き気や食欲不振などの副作用が強く、患者の体にダメージを与えます。これが、がんの治療は苦痛を伴うという印象を強くしています。しかし、患者の体に負担がかからない樹状細胞療法という治療法も研究されてきました。本来人間の体には免疫システムが備わっており、異常な細胞を免疫細胞が攻撃する役割を果たしています。がん細胞が増殖した状態は、がん細胞の働きが免疫細胞の働きを上回った状態なのです。その免疫細胞の働きを強化することでがん細胞に対する抵抗力を高めるのが、樹状細胞療法なのです。

患者にやさしい治療法

樹状細胞療法の最大の特徴は、副作用がなく患者の体に負担が少ないことです。抗がん剤による治療はがん細胞だけでなく正常な細胞にも影響を与えるため、副作用が大きいとされています。樹状細胞療法は、免疫細胞の1つである樹状細胞の働きを高める療法ですので、正常な細胞を傷付けることはありません。樹状細胞とはリンパ球にがん細胞の情報を与えて攻撃させる司令塔の役割をしており、この働きを高めることでがん細胞に対する抵抗力を上げるというわけです。もう1つの利点は、患者の状態に合わせた治療を行うことが可能ということです。仮に患者からがん細胞が採取できる状態である場合、患者のがん細胞の情報を樹状細胞に与えることができます。がん細胞が採取できない状態であっても、人工的ながん細胞を使うことにより治療が可能です。WT1ペプチドというほとんど全てのがんに存在する抗体を使うことで、多くのがんの治療で樹状細胞療法を行うことが出来るのです。