病院で治療できる更年期障害|症状緩和でハッピースマイル

医者

更年期特有の障害

看護師

閉経前の女性に多く見られるのが更年期障害です。急激に女性ホルモンが減少するので精神面と肉体面ともに様々な変化が見られるのです。更年期障害の代表的な症状としては発汗や火照り、のぼせや全身疲労、睡眠障害などが挙げられます。人によって発症する症状が異なってきますから、これらの症状が現れたからと言って確実に更年期障害ではありません。また別の病気が潜んでいる可能性もありますから、症状が悪化する場合には専門機関で検査を受けましょう。更年期障害によって生活に支障をきたすこともあります。周りに迷惑をかけてしまう事もありますが、あまり思いつめないようにすることも大切です。ストレスは更に症状を悪化させてしまうのです。

更年期障害が現れてもそのまま自然に治ることもありますし、病院で治療をしなければ治らないケースもありますから気を付けましょう。ホルモンバランスの乱れによって自律神経も乱れてしまいます。精神的に不安定になることもありますから、ホルモン剤などを投与して治療することもあるでしょう。薬物治療に関しては、少なからず身体に負担が掛かりますので医師と相談の元治療を進めてください。症状が同じでも人によって治療の仕方に差が出てきます。また、身体に負担をかけたくないという方は漢方なども効果的でしょう。更年期は誰しもが通る道ですから、もし障害が発症したとしても自分を責めるのは辞めてストレスを溜めないようにゆったりと過ごしてください。

予防としての検診

看護士

乳がん検診では不得意とする内容を補うために、組み合わせた検査を受診することにより、乳腺密度や若い世代の女性の有効性を期待することができます。また、がん以外にも乳房の良性疾患などの発見に繋げられるため、2段構えが有効とされています。

がんに対する免疫療法

インテリア

樹状細胞とは免疫細胞の1つであり、免疫反応の中で司令塔のような役割をしています。この樹状細胞の働きを高めることによってがんの治療を行うのが、樹状細胞療法です。患者の体への負担が少なく、且つがんに大変有効なので注目の治療法と言えます。

ガン細胞を直接たたく治療

女性

ガン治療の新しい治療法として注目されているのがNK細胞療法です。これは最近行われるようになった免疫療法の1つで、副作用がないのが特徴です。またNK細胞には直接ガン細胞を攻撃するという性質があるので進行ガンや末期ガンの患者にも使われています。人間の免疫力を高める効果があります。